21stシングル『ジコチューで行こう!』ヒット祈願

放送日とタイトル

2018年8月5日:乃木坂工事中167-21stシングルヒット祈願キャンペーン

21stシングルヒット祈願キャンペーン

21stシングル『ジコチューで行こう!』のヒット祈願はセンターの齋藤飛鳥に加えて初選抜の岩本蓮加、梅澤美波、鈴木絢音が参加
みんなテンションが低く岩本蓮加は地元の不良のような感じ、鈴木絢音は体調不良でたぶん休みで回復したら登場
齋藤飛鳥が1人だと不安なので星野みなみがスペシャルゲストで登場
ヒット祈願の内容は『飛鳥監督のジコチューMVを撮ろう』でセンター齋藤飛鳥のやりたいことをジコチューに実現

マウンテンバイク体験

最初の飛鳥監督のジコチュープランは自然の中を自転車で気持ちよく走りたいと言う事で本格的マウンテンバイクを使って『みなかみ』の大自然を颯爽と駆けおりる。初心者でも楽しい『MTBダウンヒル体験』
撮れ高は飛鳥監督の自転車能力の低さ、星野の昆虫採集能力の高さ

バギー体験

ここで鈴木絢音が参加
次の飛鳥監督のジコチュープランはサーキットで出来るような本格的なカート体験と言う事で広いスキー場の敷地を自由自在に走り回れるバギー体験。どんな地形でも走ることができる4輪バギーは免許不要で好きなだけは知らせて高原の風になれます
みんな笑顔でバギーを乗りこなすがすが鈴木絢音は無表情で突き進む

キャニオニング

ここで鈴木絢音がお休み、

次の飛鳥監督のジコチュープランはボートに乗って川下りを体験と言うことで大自然を満喫しながら川の流れと共に自分の身体を使って渓谷を下るキャニオニング体験
崖ジャンプ、滝滑りなど誰でも大絶叫できる自然ウォータースライダーに大興奮

星野みなみは今回スペシャルゲストなので選択権があり参加の是非を問われると即不参加を表明、岩本蓮加、梅澤美波は問答無用で強制参加

キャニオニングの説明中に齋藤飛鳥はカナヅチと言う事が発覚するがセンターの責任感で参加を決意
まずは基本的な事を体験し渓谷へ出発
最初のスライダーは梅澤美波、岩本蓮加、齋藤飛鳥の順に挑戦するが齋藤飛鳥だけ想定外の回転で早くも心が折れかける
次の3人が連なって流れるスポットでは順調に進む

今回はここまでで次回は巨大な滝下りに挑む

タイトルとURLをコピーしました