20thシングル『シンクロニシティ』ヒット祈願は生駒里奈が代表となり乾徳山の登山

放送日とタイトル

2018年4月22日:乃木坂工事中152-20thシングルヒット祈願キャンペーン

20thシングルヒット祈願キャンペーン

20thシングル『シンクロニシティ』ヒット祈願キャンペーンは今作で卒業する生駒里奈が代表となり乾徳山(けんとくさん)の登山に挑戦
乃木坂46での生駒の意志を引き継ぐと言う事もあり、今回選抜に選ばれた3期生大園桃子、久保史緒里、山下美月、与田祐希に加えてヒット祈願では常連の星野みなみが参加
生駒が今回で卒業なので登山部の部長は3期生に託し、星野もヒット祈願は今回で卒業したい模様
収録は46時間TVをやった後の1日置いての次の日の朝なのでスケジュール的にもかなりきつい

乾徳山(けんとくさん)登山開始

今回の登山はいつにも増して単調な道が続く
乃木坂46を支えてきた生駒は体力がある内に最後の登山を通じて何かを後輩に伝えておきたいと言う事で3期生と本音で話をし始め、3期生の悩みに答えたりもする
ひたすら登り続けて2時間、標高もあがり足元には雪が見える
メンバー6人は雪山と岩場を繰り返して3時間半断崖絶壁の岩山を登る
カミナリ岩ではゴツゴツした岩場を鎖を使って一人づつ登り、その後さらに雪山と岩を超え出発から5時間で鳳岩(おおとりいわ)に到着
頂上に繋がる最後の難所鳳岩は垂直に切り立った岩を鎖で登る

鳳岩(おおとりいわ)

星野がトップバッターを志願し続いて大園、与田、久保、山下、最後は生駒が数々の歴史を作り、みんなと登れて楽しかったと言いながら頂上に到着し20枚目シングル『シンクロニシティ』のヒット祈願を行う
ヒット祈願後に大園が生駒ちゃん卒業後の活動も願おうと提案し皆で生駒の卒業後の幸せを願って今回のヒット祈願は終了
最後はシンクロニシティの曲に合わせて今回未公開ダイジェストが流れる

乃木坂46部活解散

登山部の部長生駒が居なくなり星野、秋元、飛鳥も登山部だが引き継ぐには適任でなく、アクションクラブ、スキューバダイビング部も実質活動はしておらず、3期生も入って来たと言う事もあり部活は一旦解散して番組でも連動できるようなものを新たに作る事になる

タイトルとURLをコピーしました