梅澤愛優香ラーメン屋騒動の真相

梅澤愛優香のラーメン屋騒動

梅澤愛優香さんが「ラーメン評論家」はんつ遠藤さんを提訴しましたが一方でyoutubeの久田将義と吉田豪の噂のワイドショーでは元従業員が実際に店舗内で起こっていた事を赤裸々に語っています。

【麺匠八雲の元従業員が告白】元バイトAKB梅澤愛優香のラーメン屋騒動の真実【七詞睡眠×吉田豪×久田将義】

文春オンライン

2021/10/17:《国産と謳う海老がインドネシア産》元バイトAKB・梅澤愛優香(24)のラーメン店「麺匠 八雲」で“産地偽装”問題が発覚 | 文春オンライン

2021/10/28:《内装業者が告発》元バイトAKB・梅澤愛優香(25)の「麵匠 八雲」で、40万円以上の“未払い”騒動 店には連日電話や取り立てが…

梅澤愛優香ツイッター

梅澤愛優香の本

ラーメン女王への道 ―アイドルから店主への創業奮闘記

内容

元バイトAKBが20歳でラーメン屋を開業し、現在24歳で3店舗を経営する、その奮闘の日々を赤裸々に綴る!倍率250倍のオーディションを勝ち抜きバイトAKBとなった著者は、なぜラーメン屋を開いたのか?店の人気をどうやって保っているのか?独学でのラーメンづくり、開店準備、多店舗経営、誹謗中傷との闘い、SNSの使い方、古都鎌倉への「今までにない高級なつけ麺屋」の開店、コロナ禍での工夫など、店舗経営の苦楽がぎっしり

タイトルとURLをコピーしました