遠藤さくらが号泣:乃木坂46 バラエティ養成講座

放送日とタイトル

2021年3月15日:乃木坂工事中300-乃木坂46 バラエティ養成講座! 前半戦

バラエティ養成講座

結成10年を迎える乃木坂46はバラエティー番組の出演機会も増加したので経験豊富な先輩メンバーが対処法をレクチャーしグループ全体のバラエティースキル向上につなげる。

VTRを観てコメント

1期生が講師としてアドバイス

秋元真夏:1番手は番宣で来ている俳優さんが多いので2番手ぐらいに面白いのを探してその事を言えるようにしておく

高山一実:自分なりにキャスティングされた意図を考えているが迷った場合はスタッフに確認する。長い言葉を言っても使われないと感じた時は感情をコンパクトに顔で表現している。
楽しもうという気持ちが大事で無理はしない

生田絵梨花:何パターンかを用意していてもそれがなくなった場合は逆の意見を言って色々な意見になるようにしてバランスも考える。

齋藤飛鳥:日村さんを見習って大きい声を出す。

コメント能力チェック

講義してくれた先輩とテクニックを学んだ後輩を交えて「VTRを観てコメント」に挑戦

遠藤さくらが号泣

遠藤さくら、清宮レイ、秋元真夏、生田絵梨花の4人で挑戦
1番手として遠藤がコメントを求められコメントをするがMCの設楽に少し詰められると、返答に困り上手く返せずに終わってしまう。
次に清宮、秋元、生田の順にコメントを終えて最後の締めとして設楽が遠藤に「このVTRは何点ぐらいですかね?」と聞くとなんのコメントも返せず終了してしまい遠藤は涙を流して泣いてしまう。

大物俳優を想定してチャレンジ

日村勇紀、賀喜遥香、大園桃子、高山一実が挑戦
日村は大物俳優役として登場

アンケートの書き方

齋藤飛鳥が講師

・文字数。文字の量は好印象につながるのでアンケート欄はキッチリ埋める。アンケートはそのまま映る事もあるので手を抜かない
・己をみせる。使われないと思っていても自分のキャラが分かるようなエピソードを入れておく
・人間を意識。スタッフさんが読んでいると意識して文章を書く

齋藤飛鳥のアンケートを公開

年末に放送されたB級ニュースでの齋藤飛鳥のアンケートが公開される
詳細に書かれておりメンバーも驚く
次に星野みなみの2行のアンケートが公開される

乃木坂46 バラエティ養成講座! 後半戦

タイトルとURLをコピーしました