12月生誕祭で生駒里奈、伊藤寧々、井上小百合、畠中清羅、大和里菜を紹介

放送日とタイトル

2012年12月2日:61-12月生まれメンバーの生誕祭

生誕祭

12月が誕生日の生駒里奈、伊藤寧々、井上小百合、畠中清羅、大和里菜のVTRで小さいころのエピソードが紹介される。

井上小百合

1994年12月14日に5人兄弟の長女として誕生
1歳違いの兄の影響でレンジャーものにはまっていた
当時の口癖は『ないない』
トレードマークは天然パーマ
長女として家事手伝いをしていたので小さいころからカレーやチャーハンを作れた
練習が厳しい吹奏楽はずっと通い続けていた
コンサートミストレスとしてみんなに教えていた事もある
資格は簿記2級、英検3級、電卓検定1級、ワープロ実務検定2級
2011年夏、乃木坂46オーディションに合格
毎朝学校のお弁当を作っていた

伊藤寧々

1995年12月12日に次女として誕生
歴史好きなお父さんが豊臣秀吉の妻の寧々から名付けられた
歌と踊りが大好き
小学1年から習っていたのは器械体操
その後フィギアスケートにはまりジャンプも飛べるようになった
中学1年生ではチアリーディングで活躍
実家は動物病院で動物と触れ合って育った
芸能界に進むため単身上京

大和里菜

1994年12月14日に長女として誕生
出産当時4062gあり成長するのも早かった
幼稚園、小学校では身長順では1番後ろか2番目
とにかくお転婆で何でもマネする性格
歌や踊りに興味があり何度もテープを繰り返し完全に覚えていた
幼稚園の年長から通っていたモダンバレエひときわ目ほ引くスタイルの良さ
高校2年生で進路を決める際、ずっと興味があった芸能界か保育士になるか悩みラストチャンスで応募した乃木坂46オーディションに合格

畠中清羅

1995年12月5日に双子の姉妹の長女として誕生
わずか1928gと言う低体重
幼少期は人前で話すのがとにかく苦手
1歳のころから何故かはまっていたコンセント
母親の意向で小さいころからパーマをかけていた
かなり大食いだったのでご飯3杯は軽く食べる事ができるようになった
お弁当も毎日3つ持参
小学校、中学校にあがると子供会の会長を務めたり友達の悩みを聞いたりとにかく優しかった
小学校のテストは100点ばかり

生駒里奈

1995年12月29日に長女として誕生
相手の事を一生懸命考え話をしっかり聞く子
何故かカメラを向けると口の中を見せる癖があった
歌ったり踊ったりの子供時代
将来の夢は保育士
父に勧められた乃木坂46オーディションに合格

タイトルとURLをコピーしました