目的別のマッチングアプリ利用法

マッチングアプリ

一言にマッチングアプリと言っても実際に使ってみると利用している人の目的はそれぞれ違い、サイトによってある程度は住み分けされていると感じましたので利用するのに適したサイトを利用目的別に分類しています。
どのサイトも年齢確認をする為に身分証明書の提出は必須ですが2008年に施行された出会い系サイト規制法により義務付けられていますので逆に提出しないサイトは未成年が利用している場合もあるので避けた方が無難です。

恋愛、婚活

Tinder(ティンダー)pairs(ペアーズ)タップル

彼氏彼女や婚活目的で利用している人が多く一般的なサイトで代表的なものとしてTinder(ティンダー)、pairs(ペアーズ)などがあげられます。メッセージをやりとりするのはTinderは無料でpairsは月額4,300円、タップルは月額3,700円の費用がかかります。

パパ活

paddy67(パディロクナナ)paters(ペイターズ)シュガーダディ

会うための条件をやりとりする為のアプリと言っても良く、最近話題になっているパパ活目的で利用している人が多く、顔合わせ、食事、大人、定期などの条件が合えば待ち合わせして会います。
利用料金は女性は無料で男性はpaddy67で月額10,800円、patersが月額12,000円でどちらも似たようなアプリですが初心者の方はpaddy67の方が返事がきやすく利用しやすいと思います。シュガーダディはアプリではなくサイトですが利用料金が5980円と手頃な価格となっています

援助交際

ハッピーメールイククルワクワクメール

老舗の出会い系サイトですが古くから援助交際目的で利用している人が多く、業者も良く見受けられますが知事が利用していた事もあり聞いた事があるサイトもあるかと思います。メールをやりとりするのはポイントが必要でポイントは購入する必要があります。

実際に出会える確率

恋愛、婚活系で実際に出会う為にはプロフィールの顔写真や人となりが分かる自己紹介は必須で顔写真に抵抗を感じている人はかなり厳しいと思います。後、決して高望みはせずにできるだけたくさんの人にコンタクトをとれば会える確率はあがっていきますが人によるところが大きいです。
パパ活や援助交際系は条件が合えば大抵は会えますがこちらがお金を出しているからと言って横柄にならず相手を尊重する気持ちで会えば楽しい時間が過ごせるとは思います

タイトルとURLをコピーしました