派遣の仕組みとメリット、デメリット

雇用契約と福利厚生

派遣の仕組みですが派遣会社に登録した派遣社員は派遣会社に紹介された企業で仕事を就業するだけなので雇用契約は派遣会社と結ぶことになり給料の支払いは派遣会社から支払われ福利厚生なども派遣会社の福利厚生が適用されます。

派遣社員の仕事の流れ

簡単に派遣社員として働く場合の仕事までの流れは、まず派遣会社と面談して自分の職務経歴や希望する職種、条件などを派遣会社のスタッフの方に伝えます。

その後希望する仕事が見つかれば連絡があり、本人が希望すれば紹介先の企業で働く事になります。

事前面接について

その際ですが紹介先企業が派遣社員を雇う訳ではないので事前面接は禁止されていますが働く前に職場見学などと言う形で面談が行われているのが一般的で必ずしも紹介されたら仕事ができると言う保証はなく軽い面接程度の物はあると思っておけばよいです。

就業期間について

後、働く期間ですが派遣される企業によって様々でそこでの就業期間が終われば希望に応じて別の会社で働く事になります。

派遣のメリット

  • 自分の都合の良い時間、職種を選べる
  • 正社員ほど採用条件が厳しくなく仕事が見つけやすい
  • サービス残業がなく自分の時間を持ちやすい
  • バイトと比べると給料が良い
  • 会社に対する精神的な負担が正社員と比べると少ない

派遣のデメリット

  • 常に仕事がある訳ではないので不安定
  • ボーナスがない
  • 周りに正社員が多い場合は疎外感を感じる
  • 専門的な知識やスキルがないと仕事が見つからない場合もある
  • 年齢を重ねるに連れて仕事が見つかりにくくなる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加