クッキークラッカー攻略(WrinklerとReindeer)

◇Wrinklerとは:
Grandmapocalypse中、クッキーにまとわりつく虫のようなキャラクターです。
最大出現数は10匹。それぞれがCpSの5%を食べてしまいます。
これにより、見かけ上のCpSは最大で50%相当にまで減った数値で表示されます。
この数字はクリックによらない毎秒の増加数を表現しているだけでLuckyやCpCにはなんら影響を与えず、本来のCpSで計算されています。(つまり、毎秒の生産量の50%をWrinklerが食べているだけの話です)

このWrinklerは、3回クリックすると駆除することができます。
または、なだめや契約でアポカリ状態を解除すると全てを一気に駆除できます。
駆除すると、それまでに食べたクッキーの【110%】を得ることができます。 また、手段を問わず【クッキーを食べた状態のWrinkler】を駆除した場合、 5%の確率で、新しく追加された7種類の20%クッキーのうちのどれか一つをランダムに入手できます。(既に入手済みだった場合は何も起きません)さらに、Wrinklerを合計で1体、50体、200体駆除するとそれぞれ実績が入手できます。

Wrinklerに関するバグまたは仕様: 駆除した際に得られるクッキーが、減ったCpSよりかなり多い

本来はそれぞれがCpSの5%を食べ、駆除するとその110%を得るものと思われるが、 現状では【CpSの5%】×【その時にクッキーを食べてるWrinkler数】が蓄えられる。
そのため、10匹のWrinklerを駆除すると、
 CpSの残りの50%+(5%×謎の10匹分×利息1.1倍)×駆除した10匹=600%
となり、CpSが6倍になったのと同じ効率でクッキーを増やすことができる。

 毎秒(正確には1/30秒毎)の処理:
 ※cpsSucked:Wrinklerの数×0.05(減少するCpSの%)
 ※sucked:それぞれのWrinklerが持つ、食べたクッキーの累計
  ・CpS分のクッキーを手持ちクッキーに加算
  ・CpS×cpsSucked分のクッキーを手持ちクッキーから減算
  ・10のWrinklerのそれぞれにつき、クッキーに食いついてる場合、
   CpS×cpsSuckedのクッキーをsuckedに加算
   ↑本来ならCpS×0.05であると思われるが、現状はこのような実装

 駆除時の処理:
  ・suckedを1.1倍し手持ちクッキーに加算
  ・上記が1以上であった場合、ハロウィンクッキー取得にチャレンジ

Wrinklerの状態はセーブ時にクッキーを食べた量を合算して保存されますが、この時数値が1e+21弱で桁あふれが発生します。 桁あふれが発生した後にリロード時するとWrinklerが食べた量はほぼ失われます。 過去に通称「虫養殖」と呼ばれたテクニックは使えなくなりました。


◇Reindeerについて
クリスマスアップデートで追加されたトナカイです。
ゲーム画面の左から右へと移動するので、クリックするとクッキーが貰えます。 貰えるクッキーの数はおよそCpSの60倍(アップグレードで120倍に増加)でrenzy、Clot、Elder Frenzyの影響を受けます。

また、クリックすることでクリスマスにちなんだ7種のクッキーをランダムで獲得できます。 基本的な仕様は虫で得られるハロウィンのクッキーと同様です。

最近のブログ記事